読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~小さな庭のある31坪の家 in大阪~

30代。 結婚2年目。 大阪の南のほうに一戸建てを建築中です(^-^)

素人におすすめすること

家づくりとなると、

おそらくほとんどの人が人生の中で一番大きな買い物になるかと思います。

 

そんな何千万という高いお金をかけるので、

『こんなはずじゃなかったー』なんて失敗は、できるだけ避けたいですよね。

きっと誰もが、より完璧でより満足のいく家を建てたいと思うはずです。

 

ただ、私は建築関係の仕事をしている訳でもなく、周りにそういった知人がいる訳でもなく、たった数日前に家をつくりたいと言い出した『単なる素人』なので、100点満点の家は絶対に無理だろうなー、という思いはありました。

 

それでも、『90点くらいの完成度にはしたい』というのが本音でした(^-^)

 

 

そこで、やはり何かしら専門的な知識が必要だと思い、

本屋さんへ向かうことにしました。

 

ひとつのことに集中したら、何時間でも入り込める性格ということもあり、

本屋さんに立ち寄り2時間が経過…。

ピンヒールを履いていた足先がとてつもなく痛む…泣。

 

その間3冊の本を読破し、そのうち1冊を購入しました。

タイトルは『予算内で賢く家を建てる178のコツ』です。

 

f:id:modern-design:20170304164505j:plain

 

個人的には、以下の目標(願望)がありました。

ちょっと無理があるかな…と思いつつも、

①土地+建物+諸費用等々で3000万円以内で収めたい。

(※suumoアンケートによると、建物+諸費用で平均2900万円だそうです。土地代は別途。)

②とにかく損はしたくない、予算内で無駄のない家を建てたい。

 

この本は、そんな私のニーズに合ったものでした(^-^)

 専門的な内容をまとめたものが写真や図を交えて書かれていたので、素人でも読みやすい本になっています。

 

 

色、形、モノなど、ひとつひとつの選択が積み重なり、その集大成が『家』となるので、選択していく作業、そして選択する側は結構ストレスがかかります。

 

実際、壁紙ひとつ選ぶにも、

『5センチ程度のサンプルなんかで全体像全く想像できひんわー!』ってなります。

家づくりとなると、少なくとも50以上の選択作業が続くことになります。

 

そのため、

何千万円もかけて、私の選択がひとつでも間違っていたら…

たったひとつの選択のせいで、おかしなことになってしまったら…

なんて、プチ混乱状態に陥ったりします(注:個人の性格にもよります)。

 

素人の場合、自分に合った本をとりあえず一冊持っておくことは、

間取りや内装等で迷った時、選択の後押しとなり、プチ混乱を抑えてくれることに繋がると思いました。

 

また、 何にも分からず始めるのと、多少の知識があって始めるのでは、後々大きな差がでてくると思いました。

 

 

素人におすすめすること&その理由

  • 家づくりのための選択作業は結構なストレスがかかる。
  • 自分に合った家づくりの本を持っておくと、選択作業の後押しとなり、プチ混乱を抑えてくれる。
  • 何にも分からず始めるのと多少の知識があって始めるのでは、後々大きな差がでてくる。 

家づくりを通して調べた知識&情報なんかもアップしていきますね(^-^)